忍者ブログ
ぬるま湯につかっているよーな毎日を綴った日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どーもお久し振り。最近たまにですが雑誌の付録に万年筆がついてくることがありますので、いち万年筆好きとして覚書をしたためます。最初に言っとくけどわたしは付録万年筆、買いません。本数は十分持っているし買うなら自分の惚れたのをどーんと買いたい。でもきっと世間には「雑誌の付録の万年筆ってどうなんだろう」と思っている人もいるに違いないと勝手に考えて書きます。繰り返すが、私が買ってレポートしたんじゃなくて「大体雑誌付録の万年筆だったらこうだよ」ってのを想像で書きます。

●買いかどうか。
 前提として、外観が気に入ったら買って良いと思います。付録だからって馬鹿にしちゃいけないです。最近のは十分万年筆としての役割を果たす品質のものが多いです。まあ厳密に言えば品質のばらつきはあるだろうけれど、そんな下手なもんにはなかなか当たらないと思います。
 ただ雑誌本体の価格にもよりますが、1,000円近い誌代ならPILOT の KAKUNOプラチナのプレジール買う方がお勧め。更に安く済ませたいならプレピーもあるよ。こっちは 300 円でプラ軸だけどいい万年筆です。

●ペン先
 ペン先の材質は鉄。スチールです。万年筆はいいやつになると金ペンになりますが、付録レベルなら鉄です。でもスチールのちょっと硬い書き味が好きな人もいるので、こればっかりは好みだと思います。筆圧強かったら金ペンじゃなくて鉄ペンのほうが合うかも。IRIDIUM POINT GERMAN とかって書いてあるけれど、大体 MADE IN CHINA だと思います。

●対応インク
 付録だとほぼ全てがヨーロッパタイプのカートリッジ対応の形状です。大概付属品としてカートリッジインク一本付いて来ますが、それを使い切ったらどこのメーカーのカートリッジを買えばいいかと言うと、以下。
・montblanc(モンブラン)
・Pelikan(ペリカン)
・Caran d'Ache(カランダッシュ)
・J HERBIN(エルバン)
・WATERMAN(ウオーターマン)
・OHTO(オート) 他
 間違っても、日本の三大メーカー PILOT、SALOR、プラチナのインクは買っちゃ駄目。合わないから。日本製がいいなら OHTO 買っておけば間違いないです(他、トンボとぺんてるも対応だけど、あんまり店頭で見ない)。
 個人的にはエルバンお勧め。インクの色展開が多いので楽しいです。田舎じゃ見ないけどね!

●コンバーター
 そもそもコンバーターが何か知っている人は付録万年筆とか買わなさそうなのでさらっと流すけど、Pelikan や montblanc やシュミットのコンバーターは合う。筈。

 わたしは会社でメモ取るときでも万年筆使っていますが、実際のところボールペンの方が楽だし落としても壊れない。万年筆を普段使いし続けるのはある程度気合と好きさが必要です。でも万年筆は筆記に濃淡が出るし書き味が好みの一本を見つけるのが楽しいし、インク色も豊富だし(この辺りは最近のカラーペンに勝てないけど)、合う人は嵌まるから、雑誌付録がきっかけでも使う人が増えればいいなあと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HOMENext ≫
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
(08/08)
プロフィール
HN:
summer
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1977/08/31
趣味:
読書
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 38℃日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]