忍者ブログ
ぬるま湯につかっているよーな毎日を綴った日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

多少凹んでいるのですが、小2の子どもについて。この子が非常によそ見の多い子で、服を着替えるとか薬を飲むと云った毎日毎日の業務をちゃんちゃんと進めることが出来なくて困っております。気が付けば手を止めてぼーっとテレビ見ていたり、手元にあるおもちゃで真剣に遊び始めたりしております。テレビを消すと「見とったんに消さんでよ!(方言) テレビ点けたら服着替える!」と逆切れするので、自然こちらも「着替えたら点ける!」と叱りつけるのを、何だかんだで四年くらい続けています。

 四年って。

 テレビを点けなきゃいいじゃんと思われましょうが、テレビがなければ別のことをし始めて結局こちらがやって欲しいことを進めないってのは変わらず、懲りさせるために一度くらい何も指導せず学校に遅刻させようかと本気で考えたのですが、三世代家族で遅刻させるってのは学校からも不審がられるかもと臆病になり未だ実施せず、ひたすら怒鳴る毎日です。

 まーこれが、疲れるんだわ。精神的に。

 家に招いた友人が宿題のプリントを二枚仕上げる間に我が子は一枚も仕上げず、ずっとおやつの要求ばかり繰り返し(接待したい模様)、宿題を仕上げないとおやつは出さないと言うと号泣。七歳なのに おやつ<宿題 と云うことが分からず自分の業務進めず号泣。これがほぼ毎日。

 ただ、厳格な父親の前では割とちゃんちゃんと動くので、単に母親(わたし)と祖父母を舐めてるだけかも知れないけれど、やはり我が子が時間に合わせて行動出来ないと云うのはショックなんで、どうにか治したいと褒めたり叱ったり目の前で「お母さん悲しい、あんたが毎日のやることをどれだけ叱られても時間に合わせて出来ないことがつらい」と涙ぽろぽろ流して泣いても、次の日になると依然変わらずよそ見してばかり。

 そういう病気かも知れんと思いはするものの、以前特殊学級の指導されている先生に見学して頂いた限りでは問題ないと云うことで、結局時間に間に合わせるために叩いたり罵ったりせざるを得ず、こう云うのっていつか治るもんなんでしょうか。出来れば沢山褒めたいのに。可愛い我が子だから褒めたいのに、つらい。
PR
 第三子が三歳ですが、上に二人いますので非常に発達が早いです。第一子が一歳二ヶ月で歩き始めたところ、第三子は「みんな歩いているのに自分だけ歩けないなんておかしい」ばかりに、0歳十ヶ月で歩き始めました。そんな三歳児が平仮名に興味を持ち始めまして。

 二週間でほぼ五十音読めるようになりました。早。我が子ながらなんだこいつ。

 三歳児が平仮名を覚えた道具が保育所からクリスマスプレゼントとして頂いた「かるた」なのですが、「おもしろがるた」と云う名のこのかるた、絵も言葉も味があってなかなかいいんです。絵本作家として有名な中川ひろたかさんが読み札を作っておられます。

「あ」あくびの あひる
「い」いばる いか
「う」うたう うま

こんな感じで、同じ頭文字の動物(または動物じゃないもの)とその動作で読み札の文が出来ています。個人的に好きなのは

「ほ」ほしをみる ほっきょくぐま
「る」るいじんえんの るすばん
「わ」わにの わんぴーす

家の中でぽつねんと座るるいじんえん、可愛い。



おもしろがるた(Amazon)

Amazonだと双六付いてるものあるな。そっちも面白そう。
ご無沙汰しております、忘れておりません summer です。

 11月末に第四子を出産しました。子どもの保育園の発表会を控えた夜中に陣痛が来て、それから二時間で出産というスピード安産(ま、いつも通り痛いもんは痛いんだが)。分娩の時に力の抜き方が上手だったらしく産道にあまり傷は付かず、子宮の回復も早いという、年齢の割に上出来な出産でした。ありがとうございました、なによりの授かりものです。

 そして性別も、上から男・女・男・女、と非常にうまくいきました。えへー。
 六歳の第一子がアニマックスで放映しているドラゴンボール Z にドハマりして日常生活に支障を来すレベルです。お陰で見るとはなしに見ているこちらもフリーザ様とギニュー特戦隊にやたら詳しくなりました。アニマックスの番組の組み方が悪くて、午後八時から午後九時まで二話連続放送な為、入浴したり寝るために着替えたりと云う時間が完全にドラゴンボール Z に奪われてわたし怒鳴りまくり。テレビを消すと子どもは「今着替えるから」とせがんでテレビ点けさせて、目は画面・手は止まってる状態で、お前それ着替えてるって言わねーんだよタコ! と再度テレビを消したら号泣。めんどくせえ。

 そんなこんなな状況が二か月続きましたら、臭いものには蓋、諸悪の根源は根元から断つべく我々大人が CATV の契約を見直す動きに出たのは当然のことです。しかしチャンネル契約見て驚いたね、どのプランでもアニマックスとキッズステーションは入ってくるのな! ウチの CATV 契約でアニマックスが入らないようにするには、CATV の契約を切って地上波デジタルだけにするしかないと。セットトップボックスも返却しろと。衛星放送すら見れなくなるって不便。孫悟空の所為で大人が不便。

 だがしかしそうとは知らぬ第一子、本気でアニマックスを遮断しようとする大人の動きに究極の危機感を覚え、視聴を週二回に限定するとの誓約をいたしました。まーどうせドラゴンボールなんて三回分元気玉集め続けて空振りしたりするだけなんで、数回飛ばしたところで話にはバンバンについていけますよきっと。適度な間隔を置くため火曜と金曜の視聴を促したところ、土曜日に別ラインで放映しているドラゴンボール Z 後半・孫悟飯高校生編(サタンとかビーデルとか出て来る辺り)の方も継続して見たいとのことで、第一子は火曜と土曜の視聴を希望してます。流石に 10 話に 1 話しか見てないといかなドラゴンボール Z と雖も話についていけなくなると危惧しているのですが、本人が嬉しそうなのでそれでいっかと思ってます。土曜の放送は 1 話だけだし!(重要ポイント)
 暫く前に押し入れの整理をしていて、小学校三年生と四年生の国語の教科書を見つけた。うちの小学校は光村図書の教科書を使用していて、これはすごく良い教科書だったと思う。他社の教科書の素晴らしさは知らないのだけれど、なにか絶対的に良い教科書だったと云う確信がある、不思議と。

 で、今でも暗唱できる秀逸な作品があったので共有。

年めぐり ―しりとり唄― 坂田寛夫

かるた たこあげ げんきなこ
こけし しもやけ けやきのめ
めだか かげふみ みずすまし
しがつ つみくさ さくらもち
ちまき きつつき きりのげた
たうえ えひがさ さくらがい
いなか かなかな なつやすみ
みさき きいちご ごむぞうり
りんご ごいさぎ ぎんやんま
まつり りんどう どうわげき
きのみ みのむし しかのこえ
えいが がいとう おおみそか

 これだけ素晴らしいものに対して何をか言わんとは思うが、しりとり(厳密にしりとりではない箇所もあるが)になっているだけでなく、一行目から順に一月から始まる各月を想起させる言葉が並び、十二行目(十二月)の最後の文字がちゃんと一行目(一月)に続いているのも美しい。

 この詩と同様の日本語の美しさを感じるものに童謡「夏は来ぬ」があるが、またそれは別のお話。
 暫く前にゴールデン洋画劇場(今の呼び名をよく知らないしそもそも洋画じゃないけど)で放映されていた「サマーウォーズ」アニメを録画したら結構端折られていたらしいと云うのを Twitter で読んだ。過去完全版見ていたのだけど何処が端折られているんだか全く分からなかったし、エンディングは確かに適当なところでブツ切りされている感はあったけれどどんなエンディングだか覚えていなかったので、んじゃレンタル屋で DVD 借りて来るか子供たちもこの映画好きだし、と思って子供の懇願に負けた振りしてレンタル屋に「サマーウォーズ」DVD 借りに行った(←子どもたちは何かと云えば DVD 屋さん行きたいとせがむ。借りたもん大して見ない癖に)。

 んで、レンタル屋で「サマーウォーズ」見つけてさあこれ借りて帰るぞと云うと、三歳児は「アンパンマン借りたいの」、五歳児は「ゴーカイジャーのこの DVD がいい」。

「この回、録画して何回も見てたじゃん」
「だってお母さん消したから、これ借りて見たい」
「(そりゃ他のことなんもしないでゴーカイジャーの録画ばっか見てたら怒るついでに録画データ削除するくらいの見せしめ行動は取るわよな)そもそもサマーウォーズ以外の DVD は借りない約束して来たよね」
「お願いします!」
「この話覚えてるし、第二子はアンパンマンがいいって言ってるから話し合いなさい」
「ゴーカイジャーでいいって言ってた」

と云う事で「サマーウォーズ」借りるつもりが何故か「ゴーカイジャー」借りる羽目に。この巻、本放送でも再放送でも再放送の録画でも五回以上見てるっつーの。や、サマーウォーズもあらかた見てるっちゃ見てるし、削られたエピソード見たいだけっちゃだけなんだけど俺がっかり。

 そんな高値でもないから二本借りると云う大人の対応してもいいんだけど、そしたら子供たちが一本だけの約束で DVD 借りに来ているのに結果的に二本借りると云う丸儲け状態になり、何か癪だったのでわたしが「サマーウォーズ」我慢しました。痩せ我慢。せっかくなのでゴーカイジャーの出演者トークまでがっつり隅々まで見ることで溜飲を下げる振りをすることにします。
 海賊戦隊ゴーカイジャーが大団円を迎え、二月より開始した新番組「特命戦隊ゴーバスターズ」、見ていますが理解していません。子供たちが見るのでチャンネルは合わせているのですが、食事の準備や第三子が飲み物こぼしたりしないかとか、そもそも子供たちがテレビ見るのと食事で中途半端になって手が止まっているのを注意したりとか(食事中見せなきゃいいんだけど)何かと忙しくて全く筋書きを追えていません。脚本が侍戦隊シンケンジャーの小林靖子さんなのできちんと見たら面白そうなのですが、如何せん目が足りない。

 と云う事で一カ月遅れの再放送が別局で始まったのを子供が録画していたので改めて見てみました、ゴーバスターズ第一回。北陸地方はテレビ朝日が放映されない地域があり、一カ月遅れで戦隊物の再放送を日本テレビでやるんですね(そーいや仮面ライダーは放映しないな。こちらとしては戦隊物だけでいいんだけど、ライダー見たくてテレ朝入らない地域の人は気の毒だな)。

 おばちゃんの希望としては、現状三人のゴーバスターズがこれ以上増えなければいいなー、と思います。いやさ、ほら、戦隊物は五人でスタート→二十回前後で一人増員の六人、と云うのが定番化して来ていますが、三人くらいがシンプルでいいんじゃないかと今回のゴーバスターズ見て思ったんです。戦闘員が三人で、司令塔・バックアップに三人の計六人でいいバランスやん。機動警察パトレイバー的な布陣で、闇雲に人数多いよりいいです。メンバーの特徴も覚えられるし。そろそろ新しい物事が覚えられなくなっている歳なんですよ(と言いつつシンケンジャーもゴーカイジャーもお気に入りだったのは六人目のシンケンゴールドとゴーカイシルバーだったのですが)。

 あと、エンディングの曲とダンスが好きです。「ギリギリになってもバラバラにはならない」と云うフレーズ、いいですねー。ライダーのように今風の曲で番組を格好良くするのも一つのやり方ですが、大人が忘れ掛けている泥臭い頑張りや絆を前面に押し出したキャッチーな歌詞は好きです。口ずさんじゃったりしています。その内ダンスを練習し出します、きっと。

 つことで、特に気に入ったキャラもなくフラットな感じで脚本を楽しみながら見て行こうと思います、ゴーバスターズ。
HOMENext ≫
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
(08/08)
プロフィール
HN:
summer
年齢:
40
性別:
女性
誕生日:
1977/08/31
趣味:
読書
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 38℃日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]