忍者ブログ
ぬるま湯につかっているよーな毎日を綴った日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 昨日のモルトプレーン貼り替えに続いて EE28 のことを調べていたら、このカメラ、露出計が動かなければ殆ど使い物にならないカメラらしい。本当かな。ファインダー覗いて見ても、指針が全く動く気配がないので、これって壊れてるのだろうか。

 キヤノンデミ EE28 は、写真を撮るときの光量を自動で判断して最適な光量に調整してくれる(らしい)のだが、その判断をセレンと云う太陽電池のようなもので行っている。そのセレンが駄目になっていたら即ち、露出調整が出来ないとか。リングを回して手動で絞りを調整することは出来るのだけど、なんかそれはストロボを付けた時専用とかってどこかで読むし。本当かな。

 と思ったので見て確かめるため分解。そのものズバリのレストア写真などが見付からなかったので想像力を駆使して分解する(危険)。



 特殊工具などは持っていないので、フィルム巻き上げレバーの二つの穴に金串を二本刺して無理矢理回すと取付部品が外れてレバーが取れる。同じく巻き戻しクランクも金串で回して取る。工具欲しいなー。



 EE28 はメンテナンス性向上の為か、軍艦部のカバーだけ独立して外せるのが助かる。光量によって露出計の指針が動くかどうかを確認する為、本体レンズ周辺にある採光部分(トンボの複眼みたいになっているところ)に懐中電灯で光を当ててみるが、針はぴくりとも動かない。これが、セレンが壊れていると云う事だろうか? 素人なんで良く分からん。



 取り敢えずはこのぴくりとも動かない針の周りを突いたり拭いたりしたが、何事も起こらないのでもう一度組み直して蓋をする。そして絞り調節リングを回すと、分解前と絞りの開きが違っている……! F2.8 と F22 の時の絞りの開きの大きさが滅茶苦茶だー。変に動かしちゃったよー。

……やっぱり素人仕事ってするもんじゃないなあ。さてまた別の機会に開けて調整し直そう。どっちにしろ、手動で露出調整をして写真撮ってみるかなー。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新トラックバック
(08/08)
プロフィール
HN:
summer
年齢:
40
性別:
女性
誕生日:
1977/08/31
趣味:
読書
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 38℃日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]