忍者ブログ
ぬるま湯につかっているよーな毎日を綴った日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 さて居間のテレビをワイド液晶テレビに買い換え、ついでに BD レコーダも導入した我が家。今まで慣れ親しんだ VHS ビデオデッキと違って録画再生が、ある意味簡単、ある意味極端に難しくなりました。普通は簡単になるのですが、うちの場合は CATV 局からアンテナ線で放送を受信しているので、それが原因。読む人は分かり難いと思いますが、自分の為の備忘録として書いておきます。

 CATV を地デジ化する為、まずは CATV 局に連絡を取って受信機・セットトップボックス(以下 STB)を取り付けて貰いました。この STB 経由で NHK 衛星放送や CATV 各局(アニマックスとか MTB とか)を受信して見るのですな。で、問題はこれらの STB 経由でしか見られない局の録画をしたい場合です。民放各局及び NHK 地上&教育は BD レコーダの「番組表」で表示されるので、録画予約ボタンを押すだけで簡単録画出来るのですが、BS と CATV チャンネルは「番組表」で読み込まれて来ないのです。困った。次の日曜深夜の NHK ハイビジョンで放映される「ちりとてちん」最終週と、12 日の川本喜八郎特集は是非とも録画せねばならんのです。

 と云う事で、順当に取扱説明書を熟読しました。すると、iLink と云うシステムで STB と BD レコーダを繋げれば同期出来そうだと分かります、しかもデジタル画質で! これが解決法だとばかり即座に iLink ケーブルを購入、接続するのですがその結果、未だ番組表は同期せず。即ち、BS と CATV の番組表が BD レコーダを経由すると表示されないのです。注意書きを参照すると、どうやら STB から iLink でリンクさせるには、受け側の BD レコーダが同じメーカー製でないと動作保証されていない模様。STB は CATV 局からの供給で Panasonic 製、BD レコーダは世界の亀山ブランド・SHARP。SHARP のウエブサイトに動作確認 STB リストが見つかりましたが、うちに導入された STB の上位機種でないと iLink の動作確認がされていないとのこと。ううう。逆に STB 側は Pnasonic の BD レコーダ、即ちビエラにしか対応していません(或いは動作確認していません)とけんもほろろ。まあ仕様がないのですが、そこを繋げてこその技術開発だと思うのですがどうでしょう家電メーカーさん。自社利益第一主義を脇に置いて、ユーザーに不自由を感じさせない製品が「いい製品」だと思うのですがね。

 何となくの原因は分かりましたが、結局 BS 及び CATV 放送が録画できないと云う当初の問題は解決されず。かといってビエラの BD レコーダ買い直すほど裕福でないので、取り敢えずは急場凌ぎでデジタル画質を諦める対応を取りました。即ち、STB で録画予約を行い、同じ時間帯に BD レコーダで番組表からではなく時間帯指定で外部入力チャンネル録画予約をすることにしました。つまり、STB と BD レコーダで二重に予約するのですな。どうしてそんなことをするかと云うと、BD レコーダの録画チャンネルは外部入力なので、STB(外部入力)から流れてきた映像をそのまま録画する設定である訳です。つまりテレビ画面に映っている画像をそのまま録画している状態なので、録画中にチャンネルを変えられると別のチャンネルが録画されて仕舞うのですな。チャンネル変更をさせない為に STB でも予約を行うのです(逆に言えば、録画中はチャンネルが変えられない=BS 及び CATV の別局が見られない)。まあどうせ深夜帯の録画に使うつもりなので暫くこれでやってみます。

 ビエラ買わなきゃかなあ……。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新トラックバック
(08/08)
プロフィール
HN:
summer
年齢:
40
性別:
女性
誕生日:
1977/08/31
趣味:
読書
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 38℃日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]