忍者ブログ
ぬるま湯につかっているよーな毎日を綴った日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 本日、上の子下の子二人ともにインフルエンザ菌 b 型感染症のワクチン、所謂ヒブワクチンを接種させて来ます。ヒブは昨年末、2008 年 12 月にやっと日本でも接種可能になったワクチンで、髄膜炎を予防します。無料の予防接種スケジュールに入っていない任意接種のワクチンなので、保険が効かず実費(7,000 円~9,000 円)が掛かります。

 ヒブワクチンは三種混合との同時接種が可能なので、上の子(二歳)は三種混合一期追加との同時接種、下の子(五か月)は三種混合の初回と同時接種です。下の子は月齢の関係上、全部で四回受けなくてはいけません。上の子は一回だけ。五歳以上のお子様は接種の必要がありません。詳しくはこちら。

ヒブ感染症(Know VPD!)
ヒブワクチン(Know VPD!)

 髄膜炎の予防と云っても、恐らくは罹らない確率の方が高い病気です。罹らない病気の為に多くて四万円近くのお金を払い、小さな子供に痛い思いをさせてまで予防注射を受けさせる必要があるのかと云う事を考えました。一歳未満で罹る確率が高い病気で、実際に上の子は二歳まで無事に罹患せず育ちました。なのに下の子は四回も注射を受けます、親の考えで。

 受けさせないのも一つの考えだと思います。でも敢えてうちは受けることにしました。だって髄膜炎怖いもん。掛かり付けのお医者さんの話では、過去に四人の髄膜炎の子供さんを受け持ったことがあるそうですが、完治は一人、お亡くなりになった子が一人、二人は障害が残ったそうです。お金と注射の時のギャン泣きで健康が手に入るなら、接種させようじゃないか、と云うのがうちの結論です。頑張れ、子供たち。

 と云う事で、早くヒブワクチンが定期接種の一つに組み込まれればいいなあと思います。因みにヒブの認可後、接種希望者が多いために製造メーカーが大忙しで、一か月前くらいに予約をしないとワクチンが手に入らないらしいですよ。三種混合との同時接種をお考えの場合は、早目にお医者さんに相談されるが吉と思います。

 参考サイトはこちら。小さなお子さんをお持ちの方は、是非是非ご一読を。→ Know VPD!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
(08/08)
プロフィール
HN:
summer
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1977/08/31
趣味:
読書
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 38℃日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]