忍者ブログ
ぬるま湯につかっているよーな毎日を綴った日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 スイートプリキュアの今のエンディングテーマが好きです、どもです、summer です。わたしは幼少より誕生日プレゼントもクリスマスプレゼントも貰わず育って来た人間なので、自分の子供に誕生日プレゼントもクリスマスプレゼントもやらずに育てようと思っているのですが、何だかんだでねだられて誕生日プレゼントはあげた気がします今年。

 まあなんでそんなに頑なにプレゼントが嫌いかと云うと、単にわたしがクリスマスと云うイベントに必要性を感じず、単純に言えば好きじゃないから、祝おうと云う気にならないんですな。そしてうちにこれ以上のおもちゃはいらん。人間の生活する場所がどんどんなくなる。誕生日プレゼントってのも「○歳おめでとう」と云う思いはあれど、無事に育ったのは子供たちの才覚と云うよりは、危険に遭わせず育ておおせた大人たちの手柄と考えているのでプレゼント貰うなら大人だ! 大人に「○歳まで無事に育てられておめでとうプレゼント」を渡せ! と思うのですが、お金を出すのが自分自身なのでやらない。

 要は、何かにつけてプレゼント、という風潮に馴染まないんです。単にそれだけ。だから子供たちにも特定の日付が来たら自動的にプレゼント貰える、と云う受動的な喜びを身に付けさせたくないんです。旦那は両方貰って育ったので「もしそう云う考えでプレゼントを渡さないのなら、一生どんなことがあっても絶対に渡さない、と云う主張を守りなさい、それならいい」と言っているのですが、ふらふらした自分なのでそこまで強く言われると「……出来るかなー」と思って急に弱気になります(てか今年プレゼントあげた気がするし既に駄目)。

 で、今週末のクリスマス。保育所で知識を仕入れて、テレビの戦隊物おもちゃの宣伝の度に「これ欲しいなー」と言う子供たち。事前にわたしと母(子供から見た祖母)から「うちはサンタさん来ないの。うちにプレゼントを配るなら、食べ物もないような可哀想な子供たちにプレゼントあげて下さいってお願いしたから、プレゼントないんだよ」と説明をするとファンヒーターの前に張り付いて相当長い時間しくしく泣いて落ち込んでいたが、次の日には回復したかと思うと、保育所の先生からの連絡ノートに「サンタさんの話をすると暗い顔になり」「いい子じゃないからプレゼントがもらえないと思っているようです」との文言を見ました。

 そうくるか。

 いや、戦略じゃなくて本当に心底そう思っているので哀れです。うーん、別に悪い子だから貰えないってんじゃないんだよ、と云う事を説明して分からせるのが難しそうです。取り敢えずの妥協案としては、おもちゃじゃないものを買うと云う方法を取ろうかと思っているのですがどうだろう(てか弱いな俺)。現時点で考えているのは、第一子にそろそろキツくなっている長靴の大きなサイズのもの、第二子に防水構造のついていない布製パンツを買ってプレゼント代わりにしようかと考えています。

 来年は負けない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新トラックバック
(08/08)
プロフィール
HN:
summer
年齢:
40
性別:
女性
誕生日:
1977/08/31
趣味:
読書
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 38℃日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]