忍者ブログ
ぬるま湯につかっているよーな毎日を綴った日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 二日前に仕事で午後九時まで残業してその帰り、大層気分がささくれ立っていたので暗黒ツイートを連投。こんな感じ。

------------
ムカつく。

子育てと仕事だったら、仕事の方がなんぼか楽だ。だから残業で仕事してると、人生すごいサボってる気になる。だから遅くまで仕事してるツイートとか見ても、こっちが子供寝かせてくたくたに疲れてる時だと「楽そうでいいなあ」と思う。なら産むなと云うのはまた別の話だ。

ツイート荒れてるのは、残業して今帰るとこだから。三人の子供の食事と入浴を母に任せざるを得なかった自分のクソっぷりに猛烈に腹が立っている。

母に土下座して謝りたい。仕事させて下さってありがとう、遅く帰ってすみません、子供たちの面倒見るのに比べたら私の仕事なんてハナクソみたいなものです。

多分わたし専業主婦になっても、仕事で疲れて遅く帰って来た夫を労うことって出来ない。なに育児サボって仕事してんだ、って思いそうだ。本当にしんどい仕事すている(※原文ママ)人もいるのだろうけど、もうこの考えから抜け出せない。お母さんごめんなさい。子供押し付けてごめんなさい。
------------

 結局わたし構ってちゃんなので、励ましの返信を下さった方々の言葉と寝かしつけた子供たちの寝顔見てちょっとずつささくれを収めていったのですが、中で「自分の仕事、卑下しないで」との言葉を頂いて、ありゃ、そう読めるなあと立ち止まった次第で。

 わたしの仕事の内容は設計なので、それなりに頭も使うしノウハウもある。仕事は好きです。難しいこともあるし遣り甲斐のある仕事に着いていると思っています。だもんで、余り自分の仕事を下には見ていません。んじゃ何で「私の仕事なんてハナクソみたいなもの」って書いたかと云うと、育児のプライオリティーと困難さが仕事を恐ろしく凌駕しているのですわたしの中では。仕事を下に見てんじゃなくて、育児を物凄く上に見ている結果のツイートなんですね畢竟。

 女性に産まれて、仕事をさせて貰いつつ育児も出来ると云うのは幸せなことです。だから逆に、育児が体力的にも子供の情操面でも非常に困難な「業務」であることをわたしは知っています。そりゃ難しくて大変な会社の仕事があることは知っていますが、それをこなすことで「家で育児だけしているお前に、仕事の大変さは分かるまい」みたいな態度で接して来る男がいるならわたしは心の底からその人を見下します(うちの旦那がそうだってんじゃなくて、喩え話)。育児がどんだけ大変かやってみないで分かるもんか、と。仕事とは違う気力体力使って脳みそフル回転させて家事育児してんだ、と。

 わたしが事に出ることで、家事と育児を押し付けられることになって仕舞ったわたしの母は、身内ながら凄く能力の高い人だと思います。わたしよりずっとずっと人間力が高い。社会的にはわたしより母が仕事を持っている方が人のためになると思っています。国家資格持ちだから給料もわたしより高いし。で、そんな人だから子供たちを安心して預けられるし、仕事もさせて貰える。正に銃後の母です。そんな母の苦労を少しでも軽くする為、わたしは仕事を効率よく片付けて早く自分の子供たちの面倒を見に帰らなくてはならないのです。それが出来なかった自分が憎たらしいんです。

 何が言いたかったのかと云うと、わたしはそれだけ育児と云うものを重要視していると云う事です、仕事なんかと比べ物にならないくらい。あんまり書くと何かの弾みでここが会社バレしたときに自分の首が危ういですが、仕事を疎かにしていると云う訳ではありません(じゃなきゃ残業なんてするもんか)。育児をあまりに高く見過ぎているんですね。この偏向っぷりにたまに自分で自分の気が違っているのではないかと思うくらいですが、真剣です。……いや、やっぱり気違いじみているなあ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 思想
育児は人間が進化する過程から脈々と受け継がれ、猿人でも育児していたわけで。。現代は分化した社会のさまざまなことを子に伝えねばならず、知識もつけねばならず。。大変な重荷になっている。
母親が本当は一番伝えなければならないのは、
Do the right thing!
であると思っている。
そして、戦争を起こさぬ教育。
思想教育が実は文明の中で重要なんじゃないかとか考えてみる。
ややっ!話が大きくなっちゃったな~。
元気で自活出来る大人になってほしいものだ。
ゆめゆめ 2011/09/29(Thu)09:52:08 編集
» That's right.
Do the right thing,いいですね!
その正しさの判断基準を育てることこそが、母親が子供に贈ることの出来る最高のものではないかと思います。

世の中には絶対的に正しいことは少ないですが、その時々でベストの選択を自分で選びとれるように育って欲しいですねー。

力強いコメント、ありがとうございました!
母トーク、いつも励みになります。
summer 2011/10/05(Wed)00:10:39 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新トラックバック
(08/08)
プロフィール
HN:
summer
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1977/08/31
趣味:
読書
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 38℃日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]